沖縄の夏を楽しめ!海遊び特集

沖縄の夏は魅力がいっぱい!遊び方も色々!沖縄で思い出作りしてみませんか? - 沖縄といえば海

アーカイブ

青の洞窟サイト

カテゴリー

更新情報

沖縄といえば海

沖縄の海を楽しみ尽くす

沖縄と言えば日本でも有数の観光地ではありますが、特に人気が高いのは海でのレジャーなのではないでしょうか。
どこまでも青い空と澄んだ海を目の前にすれば、どのような人でも日頃のストレスを忘れて楽しむことが出来るでしょう。
そんな海での遊び方と一口に言っても様々な事がありますので、どのようにすれば最大限に沖縄の海を楽しむことが出来るのか考えてみましょう。
仕事から解放されて独自の時間が流れる沖縄で海を眺めながらお酒でも飲めたら最高ですよね。
時間とお金さえ自由に使えるのならば沖縄に行く妄想は私も頻繁にしてしまいます。

海と言えばダイビング

本土の海とは違って沖縄の海というのは非常に透明度が高いということでも有名です。
沖縄に来ておいてダイビングを体験しないなんていうのは非常に勿体ないことです。どうせならば綺麗な海に飛び込んで日頃のストレスを発散させましょう。
ダイビングで特に有名なのは恩納村の沖縄青の洞窟ですね。
海のあまりの透明度の高さ故に海底まで光が差し込み、その光がまた海底から反射することによって非常に幻想的な風景が醸し出されます。
普段からあまりダイビング等に慣れ親しんでいないという人であっても積極的に行ってみる価値は大ありです。
一度体験してみれば思わず時間を忘れてただただ周りの風景を楽しむことに終始してしまうでしょう。

沖縄での時間の流れ方

沖縄は島国ということもあってか、本土とは少しばかり違った時間の流れ方をするように思えます。
やはり、かつては琉球王国という一つの独立国であったという事実がそのあたりに深く関係しているのかもしれませんね。
琉球王国であった時代は現在の日本とは全く違った人々の営みが成立しており、その辺りの事を調べてみるとカルチャーギャップを感じることが出来るので面白いかと思います。
むしろ過去の沖縄に於いては、日本的というよりかは中国的なシステムが数多く採用されていたこともあり、驚きの連続になるかもしれません。
ゆったりと流れる時間にただ身を任せて、気付けば今日一日はボーっとしていただけで大したことはしてないな。なんていう日もあるかもしれませんが、それでも全然良いでしょう。
そのような時間さえもきっと有意義に感じることが出来るはずです。

やっぱり飲みたい泡盛

tytyd
お酒好きな人ならば当然知っているかと思われますが、沖縄と言えば泡盛ですね。
沖縄独自の古酒ですが、物によっては100年間熟成されたという泡盛もあるらしく、一度は是非ともその味を確かめてみたいと思ってしまいます。
夕日を眺めながら泡盛をちびちび飲んでいくなんて最高の贅沢なのではないでしょうか。

様々な魅力がある沖縄

そのように多くの魅力がある沖縄ですが、楽しみ尽くす為には2泊3日程度では時間が足りないようにも思えます。
やはりどうせ沖縄まで行くのならば1週間くらいは滞在して思いっきり羽を伸ばしたいところですよね。
初日に那覇を観光して、2日目にダイビングして、3日目にはもう帰る準備をしている。なんていうことになってしまっては少し急ぎすぎてるように思います。
せっかくの休暇なのにそのように時間に追われてしまっていては日々の生活の延長になってしまい、沖縄に来たという充実感を得ることができずに帰宅してしまうことになってしまうかもしれません。
なかなか時間の取れない方でも思い切って休暇を申請してみることをオススメします。

Copyright(C)2016沖縄の夏を楽しめ!海遊び特集All Rights Reserved.